プロフィール

サンママ

Author:サンママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

黄色い車でどこまでも
ダレンシャン
とうとう読み終わってしまいました。ダレンシャン全12巻。
7月頃にお嬢が学級図書から1巻を借りて来たのが読み始めだったんだけど、見事にハマりました。
学級図書だから1冊ずつしか借りられず、お嬢が読んでいない合間に読んでいたので、
ゆっくりなペースで読み進める事が出来たけど、もし手元に全巻有ったなら、寝ずに読破してたかも。

友達を救うためにバンパイアになってしまった男の子のお話なのですが、
児童文学のワリに、内容が結構おどろおどろしく、主人公ダレンの思い通りにはならないストーリーの流れや、大どんでん返し等、
ページをめくる度に、次の展開がどうなっていくのか気になり、自分の読むペースにもどかしさを感じるほどの面白さでした。
こうして読み終わった今、寂しさまで感じてしまいます。
もう一度、最初から読み返したいなぁ。文庫本が出たら絶対に揃えよう。
ハードカバーで12冊だと、お財布にキツイからね(^^;;;。

ワーナーブラザーズが、この作品の映画化権を取得したようだけど、出来れば映画化なんてして欲しくないなぁ。
それでも、映画化したら我が子を見守るような気持ちで、観に行っちゃうかも。。



スポンサーサイト



また近況報告
またまた、私にしては珍しく、Blog放置してました。
今回は私自身がグロッキー状態だったのが大きな要因。
と、言っても、更新しない間ずっとグロッキーだった訳ではなく、前半は結構忙しく元気に過ごしてたのですよ。
しかし、この”結構忙しく”ってのが、そもそもの体調悪化の原因だったわけですわ。
TDLで去年から始まったハロウィン企画でホーンテッドマンションがNightmare before Christmasバージョンになってるのを見たくて、朝早くからTDLへ出掛けて夜遅くに帰宅。
次の日は坊ちゃんの運動会で、またもや朝早くから起床してお弁当作り→炎天下のグラウンドで1日過ごしたりしてたので、
旦那君の看病疲れも重なって(そんなに看病してない?)、翌日は目が覚めたら既に38℃オーバーの発熱。
もともと、低体温人間なので38℃とか出ちゃうと、目を開いていても閉じていても世の中がグルグル回ってしまいます。
土・日・月と病床に伏し、火曜になんとか仕事に出てみたものの、やっぱりもう1日休むべきだったと激しく後悔。
惰性で、水・木と仕事してる訳ですが、早く週末にならないかなーと首を長くしている状態であります。

とにかく今週末はゆっくり過ごして、来月にはDance活動も再開したいなぁ。
今月は7日に旦那君が倒れてから、DanceのDの字もない生活してます。ホントに1リズムも刻んでませんわ。
暫くはリハビリからかなぁ…。やれやれ。。。
DVC00031.png
↑この2日後に寝込むとも知らずにTDLでJackの顔の形のクッキーをかじる私。。。

チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場、観て来ました。家族4人で!
TVで上映前の記者会見を見た時に、ジョニーデップが「是非、家族で観て貰いたい」と言ってたけど、
映画を観ている最中、隣で観ていた坊ちゃんが、チャーリーが念願のGolden Ticketを手に入れた瞬間、手を叩いて喜んでいて、
その素直な反応に私の方まで、嬉しさが数倍に膨らんでしまいました。やっぱり家族で観て良かった!
チョコレート工場入り口での、某TDLのIt's a small worldのような仕掛けが現れて壊れていく様は、ティムバートンの遊び心満載って感じで、ちょっと子どもにはキツイかな?って感じだったけど、
なんのなんの、子どもでもこれ位のブラックユーモアはOKなようです。
更に、工場の見学が進む度に、ファンタジーとブラックユーモアの入り混じった、ティムバートン独特の世界が展開されていきます。
こんな工場に行く事が出来たら、某TDRよりずっと楽しいかも。
登場人物は、ジョニーデップ演じるウィリーウォンカをはじめ、みんながキャラが立っていて、特に気に入ったのは工場で働くとってもファンキーなウンパルンパ!
そして肝心な物語の軸は、やはり家族愛です。
「この映画は原作に忠実に作られているけれど、唯一付け足した所は、ウィリーウォンカの生い立ち」と、ティムバートンが言ってましたが、
物語が進む途中で、ウィリーウォンカが父親を思い出すシーンは、ビッグ・フィッシュ同様、ティムの父親の死が影響されているように思えました。
もちろん、主人公チャーリーの家族への愛情も、素晴らしい!ここの所を子ども達にはよーく観て欲しかったんだけど、どうだったかな?
映画を観終わった後、「もし家族を置いて、チョコレート工場に行く事になったらどうする?」と聞いたら、
坊ちゃん「微妙」と応えてました(^^;;;

さてさて、映画も観れた事だし、今度は原作の「チョコレート工場の秘密」を読んでみようと思います。
アマゾンで注文しなくっちゃ。






近況報告
さてさて、1週間前にウチの旦那君が倒れ入院してしまい、Blogお休みしていましたが、
旦那君は順調に回復傾向にあり、私自身、気持ち的に落ち着いてきたので、
まずは今までの報告がてら、Blog再開といたします。

旦那君の病名は十二指腸潰瘍穿孔(じゅうにしちょうかいようせんこう)。
十二指腸潰瘍ならよく聞く病名ですが、穿孔とはなんぞや?って方のために、
十二指腸に出来た潰瘍が更に進行して腸壁に穴が開く事だそうです。
コレ、腹膜炎となり、命にも関わるらしいのですが、幸いウチの旦那君は、手術せずに抗生物質等の投与で回復しております。
会社での作業中に身体の中でパチンッと何かが弾ける音がすると同時に、激痛に襲われたって状況から、
どうやら、潰瘍で薄くなっていた部分が、お腹に溜まったガスで破裂したと思われるそうです。
入院当初は痛みが酷く、ひとりでは寝返りさえ打てず、痛みをこらえる為いつも布団やら衣類やら、固く握り締めていて、
浅い眠りから覚める僅かな時間に交わす会話も、やっとの事でひとことふたこと話せる状態で、本当に心配しましたが、
入院4日目辺りからようやく痛みが治まり、6日目の夜には鼻から胃に通したチューブ(胃を減圧していた)を取る事が出来ました。
そして8日目の今日、胃カメラによる検査で、流動食ですが、食事を始められ、順調に回復している状態です。

今回の入院で、今更ながら私にとっての旦那君の存在の大きさを実感。
潰瘍の主な原因は喫煙とストレスと言われているけど、
会社で掛かるストレスの他に、私が与えたストレスも大きかったかもしれない。
ここ数年、Danceに夢中になって、旦那君の側に居ない時間が多かった。
見ている人が楽しくなるようなDanceをしたいと思っていたけど、
一番身近で一番大切な旦那君にとって、私のDanceはどんな存在だっただろう。
そういえば、最近は2人で映画にも行ってないっけ。
旦那君の入院中はもちろん、家に帰って来ても暫くは、夜の練習は控えて、今までのようなDance漬けの生活を改めなくちゃ。
旦那君と一緒に居る時間を、いっぱいいっぱい増やそう。
今まで、家庭が有って仕事が有ってDanceがある。なんて言ってたけど口先だけだったかも。
これからはその通りの順番で、Danceは3番目!
と、言ってもやっぱり、心配して電話掛けて来てくれたブンパパの声を聞いた時は、張り詰めてた気持ちが癒されたし、
メールで励ましてくれたかぎちょこの皆や、色々と情報提供してくれたkazuさんには感謝!感謝!なのです。


以下は自分用のメモ的内容なので、ズルズルやたらと長いし、まとまってもいませんので、
どうしても読みたいって方だけ、どうぞ。


続きを読む
夢 vol.02
また見ました。おかしな夢。
でも今回のは比較的、夢らしい夢かなぁ。
交差点で信号待ちをしている時に、信号で止まった派手な車の中にXYONの皆さんを発見。
その中のひとりと目があって妙に意気投合し、メンバー全員と握手して貰う。
そして後から来た車には7DOWN8UPPERの皆さん。
これまた握手して貰うんだけど、なんでXYONと7D8U?
どちらのチームも好きだけど、すっごいファンって訳じゃなし。
どうせ夢ででも会うなら、ヒルティとかYOSHIEさんが良かったなぁ。
なーんてね。
それにしても、この夢に出て来た私。マタニティー着てました。
どゆこと?

校区祭
昨日、天気予報では、天気が悪そうな事を言っていたんで、
油断して日焼け止め塗らないで校区祭に行ったら、バカみたいな晴天で、すっかり日に焼けてしまいました。
もともと自黒ですが更に黒くなって、夏も終わりだと言うのに日に焼けてどぉすんだって感じであります。
まぁ、私が黒くなろうが白くなろうが関係なく、晴天の下、市内の色んな学校で校区祭が行われた日曜日でしたが、
某第○小学校には「校区祭をやめろ。運動会をやめろ。さもないと子どもに危害を加える」なんて、怪文書が届いたそうです。
んで、警察が警戒態勢に入ってたとか。私は警察の姿を見かけませんでしたが、物騒な世の中ですね。
幸い何事もなく校区祭は無事終わりましたが、今はどこに行っても、安心して子育て出来る環境って無いんでしょうかね。
授業中でも関係なく学校の側で、やかましい選挙カーを走らせるバカな政治家が居なくならないとムリかな。

※校区祭(全国区の言葉じゃないらしいので…)
 小中学校の校区内の老若男女が各自治会対抗で行うプチ運動会。

最近おかしな夢ばかり見る。
自分で意識し始めた一番最初のおかしな夢は、
何故か自宅にワニが居て、「ワニの肉って美味しいんだよね~」と私。
躊躇する事も無く生きてるワニの皮を剥き調理。
そこで目が覚めて、余りにもありえない夢にビックリ。

次の夢も舞台は自宅。
かぎちょこの皆と何故かオーストラリア旅行に行く事になっていて、
当日の朝、パスポートの期限が切れている事に気付く私。
ガッカリしながら、皆を見送った。

次の夢も、その次の夢も、ありえないおかしな出来事ばかりだったんだけど、
残念ながら、内容は忘れてしまいました。

しかし、今朝見た夢は、今までで一番強烈。
なんとなんと、自分が死んでしまう夢。
しかも自分が今日死んでしまう事を知っていて過ごす1日間の夢。
夢占いに寄ると、自分が死ぬ夢は、「将来に向って飛躍することの暗示」だそうで、
決して悪いモンでは無いらしいけど、それでも余り気持ち良いモンじゃないですね。

そうそう、昼間実家に遊びに寄って、うたた寝した時は、
何故か実家の猫が私の脚の間で寝てました。
コレは夢ではないんで、証拠写真です…(^^;;;
01_201906291106209ea.jpg



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR